カテゴリー

お支払い・配送について
店舗案内
ご利用規約
特定商取引
個人情報のお取り扱い
会員登録のメリット
車椅子をはじめ、介護用品販売の老舗セラピーショップへご来店頂きまして、ありがとうございます。
セラピーショップスタッフを代表致しまして、皆様に心より御礼と、感謝を申し上げます。
ご覧頂いています、インターネット『セラピーショップ』では【車椅子/入浴用車椅子/パラマウント電動ベッド/ポータブルトイレ/シルバーカー/補聴器】を中心とした、介護用品を卸価格で販売しております。
また、個人様だけではなく、病院様・施設様にも沢山のご利用を頂いております。
仕入れ先は車椅子、ポータブルトイレはじめそれぞれの業界のトップメーカーばかりで、商品の品質はどれも最高水準であり、自信を持ってお勧めします。
セラピーショップには、6名の福祉用具専門相談員がおります。
弊社の画面に記載の無い商品でも、お探しの介護用品の販売は可能でございます。その他、商品につきましては、お気軽に弊社セラピーショップまで、お問い合わせ下さい。

店舗運営責任者
志村怜子


▼ 2017年9月 ▼
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

▼ 2017年10月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

インターネットからのご注文は24時間(365日)お受けしております。
色の日は定休日となります。ご注文の確認や、メールのお問い合わせへのご返答は翌営業日に速やかにお応え致します。

【お電話対応可能時間】
平日9時~18時
電話:048-767-5431



 
 車椅子選びのポイント
1.【介助用と自走用】

車椅子を選ぶには、まず介助用と自走用を選びます。
自走用は後輪が18~24インチ(標準は22インチ)のもので、手をかけて車輪を回す、ハンドリムという輪が付いています。(写真参照)
 介助用は後輪が12~16インチ(標準は16インチ)と小さく、ご自分での移動が無理で、介助者が車椅子を押す方に適しています。

ハンドリム 自走用 介助用
2.【ブレーキの種類】

駐車ブレーキと介助ブレーキ

車椅子のブレーキには止まっているときに使う「駐車ブレーキ」と、介助者が後ろで使う「介助ブレーキ」があります。
駐車ブレーキは全ての車椅子についていますが、介助ブレーキは付いているタイプと付いていないタイプがあります。

介助ブレーキの種類

介助ブレーキには大きく分けて二つのタイプがあります。駐車ブレーキと連動してタイヤを上から押さえつける「駐車ブレーキ連動タイプ」と、自転車の後輪のように車軸を押さえて止めるバンドブレーキ、ドラムブレーキなどです。
バンドブレーキは車軸を外から締め付けて止めるタイプ、ドラムブレーキは車軸に取り付けたドラムを内から締め付けて止めるタイプです。「駐車ブレーキ連動タイプ」は簡易型で効きが悪いので、よく効くバンド・ドラム式をお勧めします。

駐車ブレーキ 介助ブレーキ握り手 バンド式介助ブレーキ ドラム式介助ブレーキ
3.【サイズの選択】

〔座幅〕

座面の幅で標準は40cmです。
体が大柄な方は座幅42cm、小柄な方は38cmがお勧めです。
選ぶ基準は、車椅子に座ってお尻の幅+3~5cmが目安です。

〔前座高〕

床から座面の前までの高さをいいます。
標準は自走用、介助用とも43cmです。
前座高は下腿長+6cm位が目安です。
ご自分の足で車椅子をこいで移動する方には35cm~40cmなど低床タイプの車椅子があります。

〔肘高〕

クッションの高さを考慮したうえで、座面から22cmが標準。体格によるので、ひじ掛けの高さを調整できる機種もあります。
肘掛け跳ね上げタイプはベッドからの移乗が楽です。

横寸法図 後ろ寸法図
4.【背折れ】

自走用、介助用ともに背折れタイプと背折れ不可タイプがあります。
背折れタイプは小さくたためるので車への積載に便利です。

背折れ不可タイプをたたんだ状態 背折れタイプをたたんだ状態
5.【リクライニングとティルティング機能】

リクライニング機能付きやチルト機能付きの車椅子もあります。
リクライニング機能は背もたれだけが倒れます。チルト機能は車椅子全体が傾きます。チルト機能は座位が保ちにくい方が、拘束なしに利用できるので便利です。

リクライニングは背部のみ角度が変わり座面は水平です。 ティルティングは座面と背もたれ共角度が変わります。
リクライニング・ティルティング車椅子の特集ページもあります。
青い文字をクリックして頂くとご覧になれます。
6.【脚エレベーティング】
足をリフトできる、脚エレベーティング機能付き車椅子があります。
骨折などで足を曲げられない場合に便利です。
また飛行機や車椅子で、長時間足を曲げている時に血栓ができておきる、エコノミー症候群の防止にも、時々足を伸ばすことは有効です。
脚部エレベーティングタイプ
脚部エレベーティンク車椅子特集のページもあります。青い文字をクリックして頂くとご覧になれます。
7.【入浴・シャワー用車椅子】

浴室で使う入浴・シャワー用車椅子です。
部屋から浴室まで乗ったままで移動でき、安全に入浴ができます。
また介護保険での購入が認められています。介護保険について詳しくは,ここをご覧ください。

入浴・シャワー用車椅子
入浴・シャワー用車椅子の特集ページもあります。青い文字をクリックして頂くとご覧になれます。
8.【フレームの材質】

車椅子のフレームの材質には、アルミ、スチール(鉄)、チタンの3種類が用いられています。
アルミフレームは重量も軽く、価格も手ごろなので大半の車椅子に使われています。
スチールフレームは価格は安いのですが、重く、錆びやすいので病院や施設の貸し出し用に使われています。
チタンフレームは、アルミより軽く、強く、錆にくいので最適ですが、価格が高いのが欠点です。

9.【タイヤの種類】

タイヤにはエアータイヤとノンパンクタイヤがあります。
エアータイヤは乗り心地にすぐれていますが、月に1度は空気を入れる手間がかかります。
 ノンパンクタイヤは、乗り心地はエアータイヤより劣りますが、パンクの心配が無く、空気入れも不要です。

10.【シートの色】

シートの色が選べるタイプもあります。お好みの色を選んで下さい。

11.【クッションの利用】

車椅子の座面は特殊な高級品をのぞいてクッション性が良くありません。
 疲労防止のクッションをセットすることをお勧めします。
セラピーオリジナルの車椅子専用クッションは、東洋ゴム工業の高品質低反発ウレタンで作られていて、体圧を分散するので、長く座っても疲れず゛、また防水カバーなので失禁が有る方も安心してご利用できます。

車椅子専用クッション